よくあるご質問

Q:先生に本当に実力があるのですか?
テイジン先生A:私は、早稲田大学の政治経済学部政治学科を卒業し、国際交流基金の最終面接、司法試験2次試験(短答式)に合格経験もある、法律や経済の受験勉強のプロです。

また、過去25年以上の間、300人以上の生徒さんを教え、5万8千時間を超える指導時間を経験し、多くの生徒さんをその第1志望合格に導いてきました。
Q:先生はわかりやすいのですか?
A:難しい日本語は使いません。難しい用語や概念も、中学生でもわかる単語や言い回しを使って易しくお話します。また、あなたのレベルに合わせて、あなたのペースに合わせて、優しくお教えします。
Q:先生にリーダーシップはあるのですか?
A:生徒さんの第1志望を見据えた適切な指導をしますし、毎回課題を出します。その課題をきちんとこなしてくだされば、必ず合格への道のりは超えられます。
Q:途中で挫折してしまいそうで不安です
テイジン先生A:生徒さんに合わせて、ペースの調整をしていきます。
また、生徒さんの状況をよく考えて指導を致します。ですから、無理な課題を押し付けて、無理由に叱るということはしません。
もちろん、最大限の努力を生徒さんにはしていただきますので、サボっている生徒さんには厳しく指導させて頂きますが、挫折しそうになるほど厳しくしたり、無理な予定を押し付けることはありません。臨機応変に状況に対応して、一緒に困難を乗り越えていこうとします。
Q:結果を保証してくれますか?
A:ほとんどの生徒さんには成績の向上が見られ、合格していきます。ただし、勝負は時の運もありますから、結果を保証することは神様ではない私にはできません。
Q:メールで質問にすぐ答えてくれますか?
A:メール受信後、24時間以内に文章、音声または動画でお応えします。24時間を過ぎても返事がないときは、質問メールがこちらに届いていないことがありますのでお問い合わせ下さい。
Q:スカイプ指導ではわかりにくいのでは?
テイジン先生A:スカイプでのやりとりは、音声や画像、動画などをお出ししながら進めることが可能な画期的なものです。やりとりは、たとえ地球の裏側にいたとしても対面指導とほとんど変わりはありません。
また、男性の教師が苦手な女子の方でも精神的に楽に指導が受けられるのが魅力です。ただし、どうしても直接指導してほしいというご要望もあります。その場合は、個別に対応させていただきますので、お問い合わせください。
Q:時間を合わせてくれますか?
A:指導時間は、浪人生でない現役の高校生の場合、平日は夜に集中することは避けられません。ですから、土曜日や日曜日も可能な限りご希望に応じます。また事前に双方で十分話し合って可能な時間を決定させていただきます。一方的に時間を指定することはありません。
Q:高い教材を買わされるのではないですか?
A:オリジナルの教材はスカイプ受講生には無料で提供いたします。また、指導は、市販のものでもかまいません。また、学校指定のものでも結構です。ただし、その場合は、別途生徒さんの方で教師用にもう一冊原本かまたはそのコピーを郵送して頂くか、PDFにしてメール添付で送って頂くことがルールです。
Q:政経しか教えてくれないのですか?
A:今回ご案内しているのは、政経の指導ですが、現在も国語や英語、他の社会科科目、さらには小論文も指導しています。また、理系科目も指導可能です。生徒さん、ご家庭のご要望に応じて、個別に対応させて頂いております。詳しくはお問合せ下さい。

ページのトップへ戻る